ホースライニング工法

ホースライニング工法

農水管路の更新と下水道管路の更新工法/反転工法
下水道は自立管設計※・二層構造管設計が可能
※条件により適用範囲限定

ホースライニング工法ビデオ ホースライニング建築技術審査証明書
PLAY DOWNLOAD
WMVムービーファイル
新しいウィンドウで開きます
PDFファイル (406 Kbyte)
 

1.洗浄・調査行程(下水道の場合)

高圧洗浄機により管内を洗浄した後、TVカメラで調査します。
農水の場合はクリーニング治具を使う場合もあります。

洗浄・調査行程図解

2.反転挿入行程(農水の場合)

反転機内に圧縮空気を送り込みシールホースを管内に反転挿入します。
条件によっては櫓を組んで、水頭圧による反転も行います。
下水道の場合は、反転機により反転挿入します。

反転挿入行程図解

3.加熱・養生行程(農水の場合)

蒸気による加熱養生と管内圧を一定に保って常温で養生する方法があります。
また、温水による加熱養生も水頭圧による反転挿入の場合は行います。
下水の場合は蒸気による加熱養生が主流となっております。

加熱・養生行程図解

4.穿孔行程(下水道の場合)

取付管の位置に合わせて、管内面より穿孔機によって削孔します。その後、管口を仕上げます。
農水の場合は両管口を切り揃えて管端リングでシールホースを確実に固定します。

穿孔行程図解

工法紹介

お問い合せ

協会事務局 東京都中央区日本橋室町4−3−16柳屋大洋ビル4階 TEL(03)3242-2155
資料請求・お問い合せ会員加入のお申込み
芦森工業株式会社 芦森エンジニアリング 日本管路更生工法品質確保協会 日本下水道協会 日本下水道管路管理業協会 日本非開削技術協会